効果がないと思ったら

若返り効果など、美容面で高い効果を得られると評判の「プラセンタ」。しかし、必ずしも使用して効果があるわけではないことも事実です。そもそも、品質の良くない粗悪なプラセンタはあまり効果がありません。激安で売られていたり、よく分からないメーカーから出ているプラセンタなどを使ってもそれほど意味はないように思います。

プラセンタの効果というのは、人間の肌や身体の弱い部分を修復するところにあります。しかし、薬ではないので即効性を期待してもあまり意味がありません。なので、飲んですぐに若返っているなどということはなく、じっくりと長期的に効果をみていく必要があります。効果が感じられない場合すぐに止めてしまうのではなく、半年間や1年などのようにある程度決まった時間をかけてみても良いでしょう。

しかし、プラセンタを使用するうえで大切なことは、必ずしもすべてのプラセンタ製品が効き目を現すというわけではないということです。プラセンタに含まれる「成長因子」は、プラセンタを抽出する過程で壊れてしまい、機能しなくなる場合があります。それでもメーカー側は成長因子を含むものとみなし、製品に表記しているケースがあります。それらは私たち消費者では調べようのない部分であり、しばらく使ってみて初めてその質が分かる場合もあります。

また、プラセンタは薬ではなく、あくまでも身体の弱っている部分を治すことに特化しています。もしも健康な肉体を持っており、年齢的にもそれほど年を重ねていない方が使用した場合、治す箇所が見つからないために効果を感じられないというケースもあります。

原料となっている胎盤の品質についても、プラセンタの効果に大きな差をつけます。良い胎盤とはつまり、有効成分が破壊されすぎておらず体内でしっかり効いてくれるもののことです。ある程度高額な商品になるとはいえ、品質が良いものはそれだけ効き目が出やすいとも言えます。なので、効果がない場合は安すぎる商品を選んでいないか、質に問題がないかなどを確認すると良いと思います。
また、こちらのプラセンタでアレルギー対策や、プラセンタ注射で肌荒れ対策のサイトも、参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

ページのトップへ戻る