プラセンタ注射とは

サプリメントや粉末などで人気の美容成分「プラセンタ」は、サプリメントなどで服用するよりも皮膚や静脈などに注射をすることでより直接的な効果がみられるため、女性を中心に人気を集めています。

具体的には、疲れや不眠症など一見うつ病を疑いたくなるような疾患から、肩こり・腰痛・筋肉痛などの身体各所の痛み、それ以外では代謝を上げることによってシミや肌荒れなどのお肌のトラブルも解消してくれます。また、代謝が上がれば冷え性なども治りますし、同時に体脂肪の燃焼なども期待ができます。女性であれば更年期症状や生理前のだるさの改善などにも良い効果を発揮してくれます。

プラセンタを服用したり注射を打つ方がそれぞれ様々な目的を持っているように、注射についても細かく分けて以下のような方法に分けることができます。

  • 皮下注射:皮膚の下の皮下組織内にプラセンタ薬液を注入する方法です。体内へプラセンタが吸収されるスピードは静脈や筋肉部分に比べてゆっくりとしていますが、そのぶん価格が安く済み、効果も持続する特徴があります。
  • 筋肉注射:筋層にプラセンタ薬液を注入する方法です。血管が多いため、吸収速度も速く効果が現れるのが早いので人気があります。
  • 静脈注射:もっとも早く身体の中に吸収される注射ですが、流れが速いぶん排出も早いという特徴があります。皮下注射と比べると効果の現れ方に大きな差があります。
  • 点滴:プラセンタ薬液を点滴として投与する方法で、疲労回復に効果があります。通常の栄養剤による点滴よりもプラセンタ薬液を使用するため、病気が治った後や体力が落ちてきている場合などにおすすめです。

これらの注射の他にも、身体のツボを狙ってプラセンタ薬液を注入する方法や、プラセンタの育毛注射というものもあります。
人間の身体の各所にあるツボに打ち込むことで血行を良くし、血液の循環や内臓機能を高める効果が期待出来ます。鍼灸と似たような方法ですが、プラセンタ薬液のもつパワーを最大に活用できる効果的な方法とも言えます。

プラセンタ生活で美肌美人になりましょう。
ページのトップへ戻る