うつ病に効果的か

現代社会に暮らす私たち誰しもが無関係ではないうつ病は、完治のための画期的な方法がないことからも社会問題となっています。しかし、効果があるのではないかとして最近注目されているものが「プラセンタ」です。

うつ病は脳内ホルモンであるセロトニンが減少することで起こるものと言われていますが、そうした脳内ホルモンの生成に関わっている部分が自律神経と呼ばれる所です。プラセンタは体内に入ると細胞を活性化し、自律神経を含めホルモンバランスを総合的に整えていきます。その過程において精神に影響を及ぼすセロトニンの減少が抑えられ、うつ状態が改善できるのではないかと考えられています。

プラセンタは神経系から内分泌系へ、さらには免疫系と段階的に機能を正常化することによりそれぞれの本来の役割を強化し、強い身体を作ってくれます。また、免疫系が強くなるということで病気をあらかじめ予防も出来るので、うつになりにくい前向きな意識が芽生えてくる効果などもあるそうです。

特に女性はホルモンバランスの乱れから自律神経失調症を引き起こしやすいものですが、これらについてもプラセンタを美容目的で服用していたらいつの間にか改善されていた、というケースが報告されています。同じく高齢の方に関しても、年を重ねるごとに身体の各部位の機能が低下し、それにともなって気持ちも落ち込むことがあります。そんな時こそ、細胞から活性化させてくれるプラセンタを生活習慣に取り入れることをおすすめします。
こちらのサイトwww.apopplewell.orgにも、詳しい解説がありました。ご覧ください。

うつ病以外にも不眠症に悩んでいる方にとってもプラセンタは有効です。ストレスや何らかの覚醒作用を持つ原因によって神経系のバランスに狂いが生じているため、眠りたいのに眠れなくなっているのかもしれません。もしも精神以外に体調もなんとなく優れないと思ったら、代謝が促進され体調が改善されることを期待しつつ、ぜひ一度気軽な気持ちでプラセンタを服用してみてはいかがでしょうか。
こちらには、抜け毛予防についての解説があります。合わせてご覧ください。
うつ病には青汁も効果があるようなので青汁とうつ病との関係についてはこちらのサイトをご覧ください。

ページのトップへ戻る